フランス子育て奮闘記

元ベビー&キッズアロマケア認定校の先生からお便りが届きました。
日本とフランスの子育て事情の違いなども書いてくださいましたので、
参考になさってください。


*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

こんにちは。
週末は娘の幼稚園のお遊戯会に,お友達のお誕生会と慌ただしく過ぎて行きました。

こちらの幼稚園の(私立なので,幼稚園と小学校合同ですが)学園祭のような物は
日本とは規模が違ってなかなか派手でした・・。
お祭りはFête Des Famillesと言って直訳すると“家族祭り”という感じでしょうか。
子どもたちの発表会と,移動遊園地親たちによる屋台のような物がごちゃ混ぜになっている感じです。

お遊戯は自分の子どもの学年の分しか見られませんでしたが,
いかにもフランスらしく,みんなバラバラに楽しそうに踊っていました(^^)
日本の運動会やお遊戯会と言えば,何日も前から練習して
本番はかなりの完成度になっているのでちょっとしたカルチャーショックを受けましたが,
子どもたちはみんな生き生きしてとても良かったです。

親たちもビデオ撮影に集中ではなく,生で見て記憶しておくっという人が多く,
拍手も盛大,子どもたちの演技に対する反応もよく,
鑑賞する姿勢について考えを改めなければと反省しました。
ダンスの内容も投げキスあり,腰を振るのあり,と幼稚園の出し物か??
という感じもありましたが,非常にかわいらしかったです。

楽しむときはとことん楽しむ国民性らしく,広場では子どもたちが
カラースプレーやお化粧をして走り回っていました。
寒い日だったのに全身ずぶ濡れになりながら水鉄砲で撃ち合ったり,
ゲームに興じたりしていました。
そんな子どもたちを見ながら大人はワインを飲んでひたすらおしゃべり。
とても楽しんでいました。

ところで,フランス人はこう言ったときに赤ちゃんは連れてきません。
シッターさんや住み込みのヌーヌーさんがいて,預けてくるようです。
赤ちゃんの時から一人で寝かされたり,親に置いて行かれたりするからか,
こちらの赤ちゃんはあまり笑いません。
赤ちゃんなのにしかめっ面が多くて,最初はびっくりしました。
うちの子は赤ちゃんの時から(日本人の赤ちゃんはだいたいそうですが)
相手になってもらうと,ニコニコしていたのでこちらに来てから,
知らない人にも随分かわいがってもらいました。

なんだかとりとめのないことを書いてしまいましたが,
こんな事を考えながら毎日試行錯誤で生活しています。


sidetitleプロフィールsidetitle

ヨーコ・ヒラヤマ

Author:ヨーコ・ヒラヤマ
株式会社アロマ工房
名古屋市瑞穂区弥富通2-15
Tel.052-893-7482

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QR